令和元年度愛媛県言語聴覚士会学術集会のお知らせと一般演題について

(詳細はこちら)

 

日 程 :令和2年1月18日(土)

場 所 :愛媛県身体障がい者福祉センター 2階 大会議室(松山市道後町2丁目1211

<特別講演> 13:3015:30

テーマ:『高齢難聴者の聴覚活用と近年の課題』

講 師 :廣田栄子先生(筑波大学大学院 名誉教授)

<一般演題> 15:45~16:45(時間変更有)

 

1.締め切り

・演題申し込み締め切り      :令和元年1115日 演題名、発表者名、所属のみ

・抄録締め切り                   :令和元年1130日(土)正午

 

2.発表形式

発表7分、質疑応答3分、発表者を筆頭とし、発表者・共同演者となる言語聴覚士は、愛媛県言語聴覚士会の会員であること(演題申込み時点では、会員/非会員を問いませんので発表当日までに会員登録をお願いします)。

 

3.抄録について

・タイトル:全角80文字・抄録本文:全角800文字

・文字フォントはMS 明朝またはMSP明朝 、文字サイズは12ポイント

 抄録に図表は使用できませんので予めご了承ください。

・抄録は、Microsoft Word文書で保存したものをメールの添付ファイルにてお送り下さい。      

 

4その他

患者のプライバシー保護の為、倫理的な配慮をお願い致します。

・個人を特定可能な氏名、イニシャル、日付の記載は避けて下さい。

・日付は、個人が特定できないと判断される場合に、年月まで記載可とします。

・既に他院などで診断・治療を受けている場合は、その施設名を記載しないで下さい。

 

※平成26年4月以降の都道府県士又は全国規模の学術集会における発表は日本言語聴覚士協会生涯学習プログラムの症例検討に該当しないこととなりました。

 

※発表の内容や準備に関する困りごとがあれば、学術・教育部が個別に対応致しますので気軽にご相談下さい

演題申し込み先           :E-mail:ehime_st_gakujutsu@yahoo.co.jp

問い合わせ先              :美須賀病院 岸田                       

ページの
先頭へ