令和2年度愛媛県失語症者向け意思疎通支援者養成講習会開催のご案内

令和2年度愛媛県失語症者向け意思疎通支援者養成講習会 

主催 : 愛媛県 主催主体 : 一般社団法人 愛媛県言語聴覚士会

 〇失語症とは

 失語症とは脳卒中などによって起こることばの障がいです。失語症の人たちは会話が難しいことで、外出や人との付き合いを諦めてしまうなど、社会の中で孤立しがちです。失語症の方々が地域で安心して暮らすためには、失語症に対する正しい知識と会話技術を持った意思疎通支援者が必要です。

 

〇愛媛県失語症向け意思疎通支援者養成講習会とは

 愛媛県では、失語症についての理解を深め、失語症者の自立と社会参加を図るため、「失語症者向け意思疎通支援者養成事業」を令和2年度より開始することになりました。

 本講習会では国の定めるカリキュラムに沿って40時間の講義や実習が行われます。本講習会の目的は、

 1)失語症の人の日常生活や支援のあり方を理解する

 2)失語症の人と1対1のコミュニケーションを行うための技術を身につける

 3)失語症の人の日常生活上の外出(買い物、役所での手続き等)に同行し、意思疎通を支援するための最低限必要な知識及び技術を習得することです。

  講習会修了者は、愛媛県登録者名簿に登録され、失語症者の意思疎通支援に携わることになります。

 

〇令和2年度愛媛県失語症者向け意思疎通支援者養成講習会開催概要

 

1 事業の目的

失語症者の自立と社会参加を図るため、失語症者の福祉に理解と熱意を有する者に対し、外出時や公共交通機関利用時等のコミュニケーションについての知識と技術の指導を行うことにより、失語症者向け意思疎通支援者を養成し、もって失語症者の福祉の増進に資することを目的とする。

 

2 実施主体

実施主体は、愛媛県とし、実施機関に委託して実施する。

 

3 実施機関

実施機関は、一般社団法人愛媛県言語聴覚士会とする。

 

4 対象者

次のいずれにも該当する者とする。

 

(1)県内に居住又は勤務する者

(2)令和2年4月1日現在、満18歳以上である者

(3)修了後、失語症者向け意思疎通支援活動を行える者

 

5 実施方法等

 

実施回数

定員

講習時間

1回

0名程度

40時間

うち講義12時間

実習28時間

 

6 受講の手続等

(1) 研修を受講しようとする者は、別紙受講申込書により、実施機関に申し込むものとする。

(2) 実施機関は、申込者が定員を超えたときは、公平な方法により選考して受講者を決定するものとする。

 

7 研修参加費用

無料(ただし、テキスト代及び実習に必要な教材費等は実費負担になります。)

 

8 修了証書の交付等

知事は、課程の全科目を履修した者(以下「研修修了者」という。)に対し、修了証書を交付する

 

9 講習会日程

※日程はコロナ感染拡大により予定が変更になる可能性がありますのでご注意ください。

 ○受講申込方法

  1)郵送による申込み

    申込用紙(失語症者向け意思疎通支援者養成研修受講申込書)をダウンロードし、必要事項を記入して下記の宛先にお送り下さい。

    〒791-1111 愛媛県松山市高井町1121番地

松山リハビリテーション病院 言語療法科

    一般社団法人 愛媛県言語聴覚士会 事務局 宛

 

  2)メールによる申込み

    申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入して下記のアドレスまでお送りください。

    送り先:ehime.st.shitsugo@gmail.com

 

  3)FAXによる申込み

    申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入して下記の番号までお送りください。

    FAX089-975-1670 一般社団法人 愛媛県言語聴覚士会 事務局 宛

 

○申込期間

  令和2年720日(金)~920日(金)17時必着

 

○受講者の決定

  受講の可否の結果につきましては、申込全ての方にメールもしくは郵送(申込方法に応じて)にて930日(水)までにお知らせいたします。

 

○お問い合わせ

 一般社団法人愛媛県言語聴覚士会 摂食嚥下障害・高次脳機能障害支援委員会

 失語症者向け意思疎通支援事業担当

 E-mailehime.st.shitsugo@gmail.com

ページの
先頭へ